看護師のための精神科ノート
精神科について楽しく一緒に学んでいきましょう~♪ ご質問などがありましたら、コメントしていただければ、分かる範囲内で調べてお答えしたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
分析手法Medical SAFER
こんにちわ。
nursmanです。
えらい、久々の更新です。。。汗
またしてもメインブログのコピペです。爆

先日、東京電力のテプコシステムズに行って、RCA(根本原因分析)のひとつメディカルセーファーを勉強してきました。
さわりの部分は、医療の質・安全学会(第3回学術集会)に参加した時にミニコースで受講したんだけど。。。
河野龍太郎先生の講義は、何度聞いてもわかりやすいし、私たち医療従事者の非常識さがわかる。
河野先生は、元々医療業界の中の人ではないので、しばしば、医療システムと産業界を比較する。
そこから、何が分かるかというと危機管理や安全管理の構造の違い、それから、文化の違いが見えてくる。
「医療システムの安全管理は、工事現場以下だっ!」と河野先生は言う。
nursmanもいろいろと勉強していくと、このことが良く理解できるようになってきた。
建設工事現場では、エラーが起こると、仲間や自分たちが死ぬ可能性がある。
だから、安全技術が発達していったのではないか。
一方、医療システムでは、エラーが起こっても自分が死ぬことは、比較的低いことから、安全文化や技術は発達せず、常にリスクと背中合わせになってきた。
身近なところにリスクがあるもだから、それが日常化してリスクをリスクと感じない感覚や文化が発達してしまったのではないかと考える。
これに加えて、医療従事者は、専門家ですから自分の専門については、非常に詳しいが、専門以外のことは、よくわからない。
このことも、安全技術が発達してこなかった要因に考えられる。

さて、このMedical SAFERは、事故の構造を明らかにしてヒューマンファクター工学に基づいた分析対策評価を体系的に行うんだけど。。。
ヒューマンファクター工学とは、人間の持つ諸特性(生理学的特性、認知的特性、社会心理的特性など)をそのまま受け入れて、それに合わせたシステム設計を行う。
例えば、似ている容器の取り間違いを防止するために容器の形状を全く異なったものにして、色を変えるとか、コンピュータの誤入力を防止するには、正しい入力以外は、受け付けないというシステムを構築する。
「人間は、間違える」ということを前提として間違えにくくして、間違えてもすぐにエラーを検出することができるようにすること。

Medical SAFERは、「注意しろ!」とか「根性がたりない!」などの竹やり精神型安全で終わらせない。
竹やり精神型安全をやっていると、必ず同じエラーが起こる。
根性入れて注意してその作業をやってて起こったエラーなんだから、それ以上の注意も出来なければ、根性も入れることは出来ない。

安全をやると「仕事が増える」とか、「面倒だ」なんて言う人がいますが、同じエラーを何度も繰り返して、その度、嫌な思いをして凹んで多くの労力と時間を費やしてエラーの復旧をするより、事故の構造と原因を明らかにして人間特性に合わせた対策を立てる方が「労力」、「時間」、「費用」、「気分」どれをとっても優れている。

↓よかったら、クリックしてください。
こちら

スポンサーサイト
精神科救急(所沢市偏)
先日、日本精神科救急学会の総会に行って来ました。

アフターセミナーでの所沢市消防本部の人の話。。。

平成18年の救急車の平均収容時間(119番通報から医療機関到着まで)が
35.6分であり、

それを身体科と精神科で平均収容時間を出してみたところ。。。

  ・身体科35.2分

  ・精神科49.3分

精神科は、非精神科への収容時間と比較して15分も長く掛かってる。

その中には、収容までに120分以上の時間を要したものが7件あり、最長になると。。。

317分というものもある。

また、救急隊からの精神科救急情報センターへの問い合わせると。。。

「様子を見てはどうか」「どこも満床で入院できない」「遠方でもよければ…」

などと言われることが少なくない。

そんなことを言われても救急隊は、どっかの医療機関に搬送しなきゃならない!

以上のことから。。。

  ・精神科救急の受け入れ体制は、不十分であり改善が必要!

  ・精神科救急情報センターの機能不十分!

  ・関係機関は、傷病者の身になって対応すべきである!

ビシッと言われちゃいましたねぇ~

まったく、おっしゃる通りです。

救急学会の面目丸潰れ

まっ、この位言われた方がやる気が出るかもね

精神科も身体科も同じ医療なんだから、救急のネットワークを別にしないで同じ

ネットワーク内で運用しなきゃやっぱりうまくいかないよねぇ。

病院側にも救急の患者を診るっていう責任と義務を与えるべきだろう。

もちろん、ムチだけでなく救急に手厚い診療報酬を与えるアメも必要でしょ!



~追加~

東京では、今年の6月より、救急車での搬送の要否を救急隊が判断しているらしい。。。

だから、救急車が来ても通常の受診が出来る状態であれば、「自分で病院に行って

ください」って言われることがある。

いずれにしても、今後の動向が気になる。。。

↓よかったら、クリックしてください。
こちら


看護目標

またしても、忘れた頃に更新になってしまった(笑)


おそらく、次の更新も忘れた頃になってしまいそうなので、RSSリーダーなんぞを


お使いいただけると、更新が分かりやすいかと思います。
↑たまにしか更新しないくせに偉そう(笑)411


 


病院によって様々な看護計画の書式があると思いますが。。。


最近は、見かけなくなりましたが、看護目標に。。。


「安楽な入院生活が送れるように援助する」


これ、アンタの目標でしょぉ~っ!!393


ってなことを堂々と書いている目標を目にした395


最近でも。。。


「穏やかな生活が送れる」


なんて書いているのを目にする。


穏やかな生活が送れたら、その時は、退院でしょぉ~。


つまり、退院するまで目標が達成できなくなる(苦)


いつまで経っても目標が達成できないって苦しいじゃないですか。


看護を展開していても、一行に目標が達成できないとやっていても面白くない。


まぁ~、大きな目標として「穏やかな生活が送れる」があってもいいとは思いますが、


せめて、その目標を達成するための目標(中位目標)をどこかしらに明記することは


必要でしょう。


そうすると。。。


評価の欄に、○○の目標達成の文字を飾ることが出来るのです。


たとえば、穏やかな生活を送るには。。。


・十分な休息が取れる


これだと、抽象的過ぎるので評価しにくいだから


「夜間、何時から何時までの睡眠が取れる」


に代えると評価することができますよね。


この他に


・服薬することが出来る


これなら、1回でも服薬すれば達成できますが、場面を限定してもいいでしょう。


こんな感じ↓


「イライラするときに、頓服薬を服用することができる」


より具体的な目標なりましたね。


栄養に関することでしたら。。。


・食事を取ることができる


これは、当たり前のことですが、服薬・睡眠・栄養どれも回復には重要な要素です。


その中でも、栄養の取り方。。。


急性期で食欲がないときに、何が何でも食事をさせないといけないという


わけではありません。


十分に食事から栄養が取れないような状況であれば。。。


「間食ができる」っていう目標があってもいいのではないでしょうか。


このように、看護目標は、より具体的に柔軟な発想で設定すると看護の展開も


より楽しいものになるのではないでしょうか???


最後に。。。


「看護目標をたてることが出来る」っていう目標を提案します。


こんなのがあってもいいんじゃないかな?


患者さん自身の目標なのですから、患者さん自身で設定することが


むしろ望ましいのではないでしょうか。


インフォームド・コンセント。


説明と同意ですよね。


いくつかの治療方法を説明し患者さん自身でチョイス。


これと同じ考え方です。


自分はどうなりたいのか?


どの患者さんも持っていることと思います。


これに反して看護師が看護目標を設定してしまうと、最後まで歯車は合わない


ままになってしまいます。


あなたの看護目標は、如何ですか?


~追伸~


何回か入院の経験がありますが、自分の看護目標とか看護計画ってどんなんだったんだろう???
気になる。。。




↓よかったら、クリックしてください。
こちら


看護師1年生自立へのマニュアル
読む前に、今日はこちらを。。。


ついでに、こちらも。。。



皆様、こんにちわ。

nursmanです。



3年位前になるのかなぁ~。

救急外来の夜勤バイトをしていたときのことです。

休憩室で見かけた薄っぺらな看護系の雑誌。

30ページくらいしかなくて、ホント、薄っぺらなんですよ。

フリーペーパーだと思って、もらって帰ってきた

最近、それに年間購読料って書いてあるのを発見っ

コレ、売り物なんだぁ~。

収集癖とか盗癖のある患者さんの記事のあとに、アンタもだろっ

みたいでなんなんですが。。。

だれかバイト先の看護師さんが買ったもんだったらしい。。。

なんで、3年も前にフリーペーパーと間違えてかっぱらったものを

今も持ってるかって???

その雑誌の特集が「ナース1年生 自立へのマニュアル」で、

これまた、基本中の基本から書いてあって、新卒の看護師の指導に

丁度いい

内容は。。。



2週間までの目標:プロとして職場に立つ
(元気に出勤。職場の空気になじもう)

 1.挨拶は明るくはっきりしよう
 2.「はい」「いいえ」「ごめんなさい」は相手の目を見て
 3.メモ用の小さなノートを持つ
 4.施設の構造、病室の位置、を把握する
 5.診療特殊性を把握する

1~2ヶ月までの目標:仕事の流れを覚える
(指示をキチンと行い、報告する)

 1.仕事と時間の流れを覚える
 2.指示を受けたら復唱する
 3.電話の対応はメモを取りながら復唱する
 4.患者さんの生活管理に目をむける
 5.ナースコールの対応は相手を思い早く

2~3ヶ月までの目標:チーム医療の意味を考える
(目的を考えながら仕事する)

 1.初めての処置は必ず先輩と一緒に
 2.仕事は手順通り行い、終わったら報告
 3.夜勤業務の把握

3~5ヶ月までの目標:自立への一歩
(チームの一員として責任を持つ)


 1.治療計画を理解してケアしよう
 2.積極的にベッドサイドに行く
 3.学ぶ姿勢で「見る」「聴く」「覚える」「調べる」
 4.情報を相手に分かりやすく伝達する

1年までの目標:信頼されるナースを目指して
(早く出来るより、確実に出来ることが大事)



 1.優先順位を整理できるように
 2.同時に2つのことを考えられるように
 3.SOSをキャッチできる観察の目をもとう
 4.目標となる先輩を目指して

どれも、当たり前って言っちゃぁ~、当たり前だけど、もっとも重要

だったりする。

これを毎年コピーして新卒の看護師さんたちに説明して渡してるのだ

かっぱらってきた物をここまで活用してるとは、持ち主は

思ってないだろぉ~

でも、これ売ってるの見たことないんだよねぇ~。

年間購読料2500円ぽっち。1冊いくら???




いつも最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます



nursmanへのmailは↓↓↓

nursman@mail.goo.ne.jpまで。。。
これからの看護管理のキーワード。。。
読む前に、今日はこちらを。。。

ついでに、こっちも。。。



本日、看護管理の研修会に参加してきました。

では、早速そのキーワードを。。。

キーワード1

選ばれる病院

選ばれる病院と聞いて、大抵の人は、「患者さん」から選ばれる病院

でなければならないということは容易に想像がつくと思う。

現在の看護教育は、実習時間1700時間から1035時間へと削減されている。

その700時間近くも削減された上に実習では、何をするにも患者さんの

同意がなければ何も実習できないというのが現状らしい。。。

当たり前と言えば当たり前なんだけど、以前は、学生同士で採血や注射の

し合いやマーゲンチューブの入れっこなんかをしたけど、そんなのも

今の看護学校じゃあ、やってないらしい。

じゃあ、看護学校を卒業して何ができるようになったのかっつーの???

70%の新卒の看護師が一人で満足にできると答えられたのは。。。

 ・基本的なシーツ交換やベッドメーキング

 ・環境整備

だけだって

なんともお粗末なはなしだ。

まぁ~、お粗末な話しとは言えそれが、現在の現状なんだから仕方ない

では、新卒の看護師は、どう考えるかと言うと。。。

就職した先の病院で教育を受ける。つまり、卒後教育の充実した病院

を就職先に選択するらしい。

ここでキーワード1に戻ってくるんだけど。。。

研修、教育が充実している病院は看護師やその他のスタッフに選ばれる。

教育を十分しているから患者さんにも選ばれる病院になると言う訳。

やや風が吹くと桶屋が儲かる的な感じもするけど納得できる


キーワード2

看護記録の制度

今までは、看護記録の法的義務はなかったらしい。。。

これは、不勉強なもので、聞いてビックリ!

しっ、知らなかった

これは、医療法施行規則を改正して全ての病院において看護記録

作成及び保存を義務化するという内容だった。

現在もほとんどの病院がそうしていると思うが、これも当たり前って言っちゃあ

当たり前ですけどね。。。

ということで、これからの鑑査では、看護記録の内容についても厳しく

指摘されることが予想される。

そこで、看護記録記載の注意点をおさらい。。。

看護記録記載の注意点>

 ・人権を侵害するような表現は避ける

 ・人種、宗教、職業等、必要のないコトは書かない
  (※看護上必要な場合は除く)

 ・否定的な表現は避ける ex)"やる気がない"etc...

 ・状態については詳しく書く
    暴力を振るう→右のこぶしを振り上げ○○さんの左の頬を3回殴る
    暴言をいう→バカヤローと大きな声で看護師の方を向いて怒鳴る

 ・測定できるものは測定して記載する(必要な場合)
    排尿多量→尿取パットの重量を含め500グラム

 ・正確に書く
    ベッドから転落しているのを発見した
      →ベッドの下に右側臥位になって寝ているのを発見した

・上申する→報告する

 ・指示をあおぐ→指示を受ける

 ・(+)(-)→あり なし

 ・口頭指示を受けた場合
   その指示内容を看護記録に記載し、後からでも指示した医師が
   カウンターサインをする。
     →口頭指示でも指示を出した医師のサインがあれば
       法的効力を持つことができる。



まだまだ、あるのですが、今日のところは、この辺で。。。

いつも最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます
Copyright © 2005 看護師のための精神科ノート. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。