看護師のための精神科ノート
精神科について楽しく一緒に学んでいきましょう~♪ ご質問などがありましたら、コメントしていただければ、分かる範囲内で調べてお答えしたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
解離性健忘
<解離性障害の分類>

1.離人症性障害

2.解離性遁走(とんそう)

3.解離性同一性障害

4.解離性健忘

解離性健忘

重要な個人情報を思い出すことが出来なくなる障害です。

その思い出せなくなる健忘の対象は↓

1.自殺企図

2.暴力的行動のエピソ-ド

3.自傷行為

解離性同一性障害・解離性遁走・PTSD・身体化障害などの発症中には発生せず、また、物質や一般身体疾患に起因するものではない。症状は、社会・職業およびその他の全般的領域の気脳を障害する傾向がある。

解離性健忘に伴う記憶喪失の型

1.限局性健忘

ある一定期間に発生した出来事を思い出すことが出来ない。

ex)飛行機事故の生存者の場合、数日後まで事故のことを何一つ思い出すことができない。

2.選択的健忘

発生したことの全部ではなく、一部しか思い出すことが出来ない。

ex)誰かの死について聞いたことは思い出すことが出来るが、そのことについて他の人と話したことを思い出すことが出来ない。

3.全般性健忘

最も発症例の少ない記憶障害で、自分の生涯に起こったことを何も思い出すことが出来ない。

4.持続性健忘

ある特定の時点以後、現在に至るまでに起こったことを思い出すことが出来ない。青年や若い成人にみられ、特に戦争に参加した若い男性に起こる。

5.体系的健忘

ある特定分類に属する情報の記憶喪失。

ex)近親視野に関する記憶の喪失。
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 看護師のための精神科ノート. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。